« 真面目に検討しないといけないかも。 | トップページ | 食傷といふ »

2008年11月17日 (月)

本を大量に売った

こ れ で 給 料 日 ま で 食 い 繋 げ る。

えたろうからは割と本気で心配され、
いぬぶとからはかなり本気で呆れられてる、
そんなギリギリな生活を送っているやぶせんですどうも今日は布団を干せる良い天気になって頂いたようで。

う~ん、
まずは大学時代に買ったのをブックオフに持っていったのだが、
思った通り大した値は付かず。
学術書ばかりなので近所の古本屋さんの方が高く買い取ってくれるかなと思ったけど、
まぁ面倒なのでブックオフにしたということです。

大学時代に読んでいた本を売るのに、全く躊躇しなかった自分に驚く。
と同時に「やっぱ俺は研究に向かない人間なんだな」と強く実感。漫画の方が遥かに大事。
とはいえ、売りに行く前に読み返してみると、遊び呆けつつもそこそこ勤勉だった学生時代を思い出して懐かしさに浸ってしまう。

まぁよしんば院に進学していたとしても、作曲やらの仕事に追われているこの現状を見ると、研究と作曲で忙殺されてヒィヒィ言っている間に間違いなく一兎も獲られないで終わるという散々な結果に終わってただろうから、制作という点にのみにおいては今の状態がベストなのだろう。

…流石に来年にゃバイトじゃなく定期収入がある仕事に就くけどな…

個人的見解ではありますが、
大学生という身分の利点は勉学に勤むための様々な環境を利用できるという以上に、
「時間」を確保できることに尽きると思います。
その「時間」は自由なものです。
勉強に費やすなり、
バイトに費やすなり、
遊びに費やすなり、
無為に消費するなり、
それらの選択肢さえ自由に作り出せます。
大学に入る前からプランを立て、大学卒業と同時に希望していた最良の職に就く人もいれば、
何も考えず単位の修得に追われ、就活のプランすら立てず行き辺りばったりで行動して無難な職に就くか、はたまた就職浪人になってしまう人もいます。
計画的に過ごすか、無計画に過ごすか。
とりあえず俺はそのどちらも否定しません(というか、カテゴライズするのであれば俺は結果的に後者であり、かつそういう状況に面白さを感じているので)。
ただ、せっかく大学という環境に身を置いていながら、高校の延長線上みたいに大学生活を送っている学生がいると、少し残念な気持ちになってしまいます。知識を得るだけ得て、その知識の中身について深く考察しないとかね。
生真面目って大変だぁ。

まぁどのような道を選ぶのも自由だし、
それに口を出せるような立場ではありませんが、
「大学という環境を各々健全にふしだらに満喫して、どの学生もやたらめったら楽しい大学生活を送ってくれたらいいな」
と思っていますよーと仮にも大学で務めている身として言わせていただきます。

ん、なんか俺が懇意にしている大学三年生たちが頃合い就活を始めるとのことなので、
自分のことを振り返りつつ少し真面目に書いてみた。

ん、頑張れ就活生!

※fetish☆lineのA-shくんが、そぉい(笑)のweb担当として参加してくれる模様。
彼が所属しているバンドのHPは相当良い出来なので、密かに過大に期待してみたり♪

|

« 真面目に検討しないといけないかも。 | トップページ | 食傷といふ »

生活」カテゴリの記事