« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の12件の記事

2009年3月30日 (月)

ぼいすが~でんダメ系伝説★Vol.12

\(^o^)/

しかし、秋葉原GOODMANが裏って条件悪すぎだろ…と気付いたのが当日の朝という。

とはいえ、楽しませてもらいました。特に1バンド目のvivaさんの演奏が非常に良くて、もしかしたら俺が水樹奈々に興味を持つきっかけになるかもしれない。構成とかコード展開とか意外とybkホイホイな曲が多いし。

RC?
とりあえずノリだけで全てを誤魔化そうとしたカンジです。少なくとも、DrとGtとKeyは結構好き勝手やってました。
アンコールの「微熱S.O.S」は、バンドでの練習を全くしてません。お遊びですら。
元々アンコールそのものをセトリに想定しておらず、しかしライブの時間が珍しく巻いている状況下で3バンド目のさくら野さんの演奏中に「アレにしよう。いやいや無理だからコレにしよう」とあーだこーだ話をした結果、微熱に決定したという。
個人的には夢色チェイサーも良かったのですが。むしろ練習どころか恐らく構成を俺以外が合わせてすらもいないレイズナーでも良かったのですが。
まぁ俺だけ弾けても仕方ないですし。というか、レイズナーも構成は把握していながらも練習は全くしたことないのですが。

演奏そのものの感想としては、
「意外と5人でもイケんじゃね?」です。ライブでは言及しませんでしたが、210は休業中です。
今回は割と原曲に近い雰囲気で演奏しましたが、次回はかなりアレンジを加えたいなぁと思ってます。あと、楽器編成が変わったのだから、それ用に刷新した編曲もしないとなぁと思う次第でもあります。今回はジャンルを抜本的に変えるようなアレンジはなかったのだし。

ということで、ご来場頂いた方々ありがとうございました。

|

2009年3月28日 (土)

初音ミクバンオフ&第二次超級音劇大戦

に行ってきました。

なんかね、「コンポーザー」ではなく「観客」としてのライブの楽しみ方を知ってしまったので、普段とは別の意味で疲れてます。
つまり、後ろの方で音が交錯する妙味を考察しながら楽しむのではなく、割と最前列で周囲の観客と肩を組んで飛び回る的な楽しみ方。

からだがぜんめんてきに筋肉痛。

さて、そんな俺は明日ライブです。
また俺は両国へ行くのか…最近、行きすぎだろ常考…

ん?両イベントの感想?
「めっちゃくちゃ楽しくて堪らんかった!!!!!11111」
これに尽きる。

|

2009年3月27日 (金)

魔都崩壊

です。真メガテンの携帯アプリでの番外編ですね。
基本的にコレはシレンみたいなモノです。とはいえ、余程のことがない限り厳密な動作は必要とされず、難易度は然程高くないというのが印象としてあります。

とりあえず、クリアするくらいなら誰にでもできるよね、といった感じなので、
クリア後に行ける裏ダンジョンについて私的な観点から説明します。

裏ダンジョンは、ある条件を満たすと表ダンジョン200階から行けるようになります。
そして、基本的に悪魔は表ダンジョンに現れたヤツが強化されて出現します。
かなり防御力を強化した状態(防御力450超)の状態でも、ガキ程度の攻撃で二桁のダメージを食らってしまいます(ちなみに、表ダンジョンではLv60台の悪魔の通常攻撃でも二桁いかないことがある)。
一方で、魔法攻撃は強化されていない模様。通常攻撃の方がダメージを食らう状況が多くて少し困惑しました。
HPは1.5倍…くらいなのか?999超の悪魔がわんさか沸いてます。ご注意を。

とはいえ、裏ダンジョン190階以下のようにメギドラオン持ちの悪魔に囲まれるという状態は稀です。パターンは分かりませんが、表ダンジョンのような階層ごとに決まった悪魔ではなく、ある種のランダム性をもって悪魔が出現します。そこらへん、気が楽です。

で、ボスについて。裏ダンジョンのボスは全て堕天使で構成されています。
表ダンジョンのボスのLvは120です。が、裏ダンジョンのボス悪魔のLvは120〜220。攻撃も容赦なくて困る…といいたいところですが、意外な打開策があります。ここは後に詳述。

で、で、裏ダンション攻略について以下に。

まず、回復用にソーマを大量に倉庫へ保管します。
その過程で180階以下を探索して武具の強化。
俺は
【武器:天御剣+99(攻撃力386 衝撃属性)】
【防具:ジーザスアーマー+68(防御力232 回避13 全対応)】
【兜:シュツルムヘルム+71(防御169 回避4)】
で行きました。
これでも正直キツいです。

更にキツいのが
【銃:M134バルカン(属性:無)】
だったことですか。
銃は攻撃回数や貫通、距離を重視した方が良いかと。
攻撃力より攻撃回数、欲を言えば射程も。そこらを検討した結果M134バルカンということになりました(攻撃回数5-7 方向5 距離4)。
本来なら剣を万能属性にすべきなのでしょうが、剣が衝撃属性になっているので無属性や万能しか効かない敵に対処するためこの銃を引っ張ってきました。
…更に言うなら、一回死んでしまった際にM134バルカンより良いと思っていた銃が無くなってしまい、かつ再度の入手が現時点で達成できなかったため暫定的に使用することになってしまいました。
銃弾は同種を最大198弾ほど倉庫に仕舞っておけるので、レストルームで補充できるよう予めストックしておくことをお勧めします。ドクロの弾丸と腐食の弾丸あたり、ですかね。

COMPに入れておく悪魔ですが、俺的には断然パールヴァティを推します。Lvも高くなくCOSTも低い割に、部屋全体を攻撃できるマハブフーラとHPを完全に回復するディアラハンを所持しているのが強みです。裏ダンジョンに行く際はまずステータスがカンストしていないとスタートラインにも立てませんから、ステータスボーナスは度外視します。
あと、他の属性に対処させるためにマハザンマとメギドラオンを所持するアンリ・マンユを連れておくと尚良いかも。

さて、肝心のボスについて。
階層は失念しましたが、ボスは計7体出現します。
正直、数値だけ見たら表のラスボスが糞に思えてしまえそうですが、「火炎・氷結・電撃・衝撃・万能吸収」といった無属性以外の攻撃を無効化するボスがいないので、初見で攻撃の手段がなく詰むということはありません。
ただ、火力はハンパないです。最終的に、常にHPを550以上保っておかないと死ぬ可能性があるボスもいますし。

ということで、
裏ボスについて少しばかりネタバレです。
名称は避けますが、Lvと防御相性について以下に。

???? Lv120
火炎吸収 衝撃に強い 氷結に弱い

????? Lv140
火炎・氷結に強い 物理・突撃・手技・足技・飛技に弱い

???? Lv150
物理・電撃・衝撃・突撃・手技・足技・飛技に弱い

????? Lv160
火炎・突撃・手技・足技・飛技吸収 衝撃に強い 氷結に弱い

????? Lv170
物理・電撃・衝撃・突撃・手技・足技・飛技に強い

????? Lv200
火炎・氷結・電撃・衝撃・万能・突撃・手技・足技・飛技に強い

???? Lv220
火炎・氷結・電撃・衝撃・万能・突撃・手技・足技・飛技に強い

です。ご参照に。
裏ダンジョンをクリアしたら、裏ダンジョンのザコ悪魔が強化された状態で挑めるそうです。正直、やる気が起きません。そこらになるとシレン以上の無理ゲになりそう。エンディングの内容が異なるというのであれば話は別ですが…

あ、重要なことを忘れてた。
裏ダンジョンはアイテムが一切落ちてません。
また、トラポートストーンを使用した場合、リスタートは表ダンジョンの180回からになります。

検索で来られた方は頑張って下さい。

※追記
過日、二周目の裏ダンジョンをクリアしました。
ザコ悪魔の強化との触れこみはありましたが、こちらも武具をカンストさせ、かつ剣を万能属性に強化させた状態で挑んだので、実質プラマイゼロな難易度でした。
よって、基本的な攻略は変わり無いです。
一応、二周目用に追加エンディングが用意されていますが、劇的な内容ではありません。
「がんばったねー。おめでとー」な程度です。
とりあえず、裏ダンジョンを一度クリアしたら魔都崩壊のストーリーは全て把握したと思ってもらって間違いありません。

…しかし、アマテラスとアルダーとシヴァに囲まれたときの絶望感は異常だった。
メギドラオン三発とかもうね…

|

2009年3月26日 (木)

卒業式

が終わりました。
昨日は袴を着た女の子たちが大学周辺を早い時間から歩いてました。
別にそういう服装に興奮することはないが、それを見て多少の寂しい感覚を抱きました。

別れもあれば、新しい出会いもあるこの季節。卒業生はそれぞれの道を進むのでしょうが、それぞれに大成して欲しい。と底辺の人間は願うのであります。

で、告知です。

【ぼいすが~でんダメ系伝説★Vol.12】

主催:南雲遥(プリンセスちょんまげ)&テルミン

日時:2009年3月29日(日)

場所:両国フォーバレー

http://www.otonami.com/fourvalley/news/

開場:17:00
開演:17:30

出演バンド:
1.viva
2.れあちぃず
3.さくら野
4.Rumbling Children

チケは前売り、当日ともに\1,500+Drinkっぽいです。
[予約フォーム]
http://don.jp/ezform105/7251/form.cgi

実は、この前日に同会場で去年出演した超級音劇大戦の第2回が催されます。
今回、俺は観客として観に行きます。次の日ライブ?知ラネ。

ということで、ご来場お待ちしています。

|

2009年3月24日 (火)

急遽参戦

TRIO THE GODFREE@新宿JAM

ワンマンだったら確実に毎回通ってるだろうと思ってしまうくらい、かなりの良バンドさん。
平日の夜にライブを観に行くなんて滅多にしません。けど、会場が近かったことと、とある事情のため行くことに。

呑まれました。完全に。
いや、最前列から離れたトコで煙草を吸いながら椅子に座って聴いていたのに。
っつーか転換時のジローさんのドラムで感じるものを感じてしまうという時点で既にヤバいんだけど。

セトリを消化し、アンコールにも応え終わった後、感極まって泣きそうになりました。

あんだけ自分達の世界観に、良い意味で観客を呑み込んで圧倒させられるオリジナルのバンドもそう居ないだろうなぁ。

私用の都合もあり彼らの出番が終わったらすぐに帰りましたが、それだけのために入場料を払う価値はある、そう思える時間を過ごさせてもらったTTGFに感謝。

|

2009年3月22日 (日)

忙殺の彼方の暗剣殺的な何か。

夜勤明け
→爆睡
→起きて風呂に入るも寝落ちしかける
→寝起きモードでRCの練習@馬場NOAH
→ファンクは苦手というか、やってことないっちゅーねん
→帰宅後、再度夜勤のバイトへ
→俺が勤務を始めて過去最高の忙しさを経験し、新人さんへの指導もロクにできず後悔しつつ帰宅
→100円のカルピスソーダ超うめぇww(←いまここ)

練習だとか創作だとかしてる暇すら無いくらい忙しいです。
「バイト→帰宅→寝る→バイト…」の繰り返しです。ここ数日マジで。そうでないにしても、何かしらの用事で自分の時間が取れない。ホワイトデー関係を消化できたのが不思議なくらいに。
ただ、現在勤務している二つの職場の社員さんはそれを凌駕するくらい忙しいみたいなので、正直申し訳なく思います。
まぁ「それが社員とアルバイトの差だ!」と割り切れば良いのですが、中々そうもいかないもので。

とりあえず、明日(というか今日)の夕方からは秋葉原でそぉい(笑)の打ち上げです。
普段そんな酒を呑む人間ではないのですが、先日久しぶりに良い酒を呑み、かつ最近忙しい鬱憤晴らしに少し多めに呑もうと画策しております。

その翌日には夕方から朝方までバイトですが。
うん、死ねるというか、死ぬ。ゴールしたい気分。
多分、今の正常な精神を保ててるのは、合間を縫って色々なやる夫スレを閲覧しているからだ。これは俺にとって必要な時間なので、削除は絶対ありえない。
今は特に「孕ませたようです」と「デビルサマナーになったようです」が俺の中で熱い。後者は次回が最終回らしいので、是非もなく見ます。さりげない複線が重要な意味を持っていたり、神話ネタに造詣が深くも饒舌でない構成、キャラの際立った個性や意志など、女神転生ファンなら必見だと思います。

さて、ちょっとPCを弄ったら寝るか。明日(だから今日だってばww)は呑むぞー!

|

2009年3月18日 (水)

陰欝

になるような悩みが無いって、ホント幸せです。
なんだろ、「金が欲しー!」とか「彼女欲しー!」とかそれ関係の悩み以外にもあるっちゃあるけど、それが身体や精神に悪影響を及ぼすことはなく、だからといって「欲」「悩み」そのものが無くなっているワケじゃない。

言わば非常に健康的な毎日を送っているということです。
適度に満足。適度に不満足。

そういや凋落とはいかないけどボーカロイドってもうブームを過ぎた感があります。
初期と違って一定以上のクオリティがあって当たり前の状態になり、オリジナル曲を収録したCDも出るほど知名度が拡大しました。
多分、これ以降の大きな展開は無いんじゃないか、と。かといって、ニコ動におけるボカロのジャンルは貴重な創作活動の場として確立したと言える(コンポーザー、リスナーともに)ので、そう簡単に縮小・消失してしまうことは無いと思いますが。

ニコ動においてボカロ分野が「良作が標準」になっているという状態で、そこから突出するにはどうしたら良いかという話をしました。
ここらは東方アレンジも同様で、我々の作品が良作であるかどうかはともかくとして、テーマは同じワケです。ので、ちょっと突っ込んだ話をしました。

なんか友人が頑張っているようです。
野心を持つこと自体は否定しないので、どうにか成功するといいなぁと思う次第です。

がくっぽいどが欲しい。
だってリンレンとルカはえたろうが持ってるんだもん…

|

2009年3月13日 (金)

「ほわいとでい?

なにそれおいしいの?」

…というライブイベントが3/14(土)@お茶の水Zippal Hallにて行われます。
http://nanisore.2-d.jp/index.html

よーりゅー、如月シンを始めとした俺の友人たちで構成される「愉快痛快楽団」が出演します。
そういえば以前対バンした際には、90年代のV系に多少の造詣のある人間ならば間違いなく鳥肌が立つような曲を演奏してくれました。あの頃のGLAYは良かった…ホントに。

そういえば、彼らの対バンであるすいどりぃむは、いぬぶとと親交があるとか無いとか。

あ、オイラは行けません。RCの練習があるので。
っつーか、ホワイトデーということを全く忘れていて、お返しを全く考えて無いんスよね。
さぁて、どうするか。スイーツで誤魔化すか…うん、俺なら誤魔化されたい。

ともあれ、愉快痛快楽団の演奏力は相当なもので、
アニソンだとか関係なくお勧めのバンドです。純粋に演奏者としてのシンのステージングは必見です。
3/14が暇だという方、一風変わったWDを過ごしてみたいという方は行ってみられることをお勧めします。

|

2009年3月11日 (水)

モチベーションの燃えカスと暇な時間があったので、

「東方地霊殿」に収録されている「華のさかづき大江山」のアレンジで「Krieg des demoness~戦火の鬼姫~」という楽曲を作成しますた。

元々ゆっきーさんから「激しい大江山を」とのリクがあったこともあり作成してみたらトントン拍子で出来上がってしまい、またも自身の作成速度に驚いている次第でございます。約4:30の楽曲に対し作成所要時間が2時間てwwww

あ、この曲は当blogのサンプルは勿論のこと、現状メディア化の予定は全くありません。えたろうと犬と、依頼者であるゆっきーさんにしか音源を渡していません。
とはいえ多少勿体無いなということもありmixiに動画として上げましたので、劣化音源として聴くことは可能です。一応全体公開にしているので、mixiのアカウントをお持ちの方は「華のさかづき大江山」で動画検索して聴いてみて下さい。

あとは、アイドルっぽいアレンジか。実はコレが一番の難色。
お菓子系だとかそういうジャンルが嫌いなワケじゃなく、構成によってはむしろホイホイなのですが、自分から作ったことは今まで一度として無いジャンルなのです。…まぁ基本的にゲーム音楽の、しかも戦闘曲限定を畑としている人間なので。
映画や舞台にコンポーザーとして関わった経験もあるのですが、ここ最近は様々なジャンルに手を出しています。歌詞アリのバラードなんかは下手すれば30分内に作成完了しはするのですが、それでも流石に方々の依頼からも「アイドル」「お菓子」といったものは皆無でした。

メジャー所ではcapsul、音ゲではOrange Roungeなどが好きではあるのですが。
Love is Orangeは名曲です。

なるべくリクエストに応えられるよう頑張りたいと思います。
勉強にはなるだろうしね。いつも同一のジャンルで曲を作ってると、どこかで停滞してしまうことも多々あるので、視野を広げるという意味でも。

|

2009年3月10日 (火)

夢の中でー、夢の中でー、

食ってみたいと思いませんかースイーツ~(笑)

…うん、なんか沢山スイーツ食う夢を見たんだ。ついさっき。
ザッハトルテとかレアチーズケーキとかクリームとフルーツたっぷりのロールケーキとか、ホント色々沢山。

ということで、
例大祭お疲れ様でした。
えたろうによると売り上げも上々とのこと。購入して頂いた方々には感謝の限りです。
俺がブースに着いた時、犬宛の差し入れが凄いことになってました。そろそろ長机に置くじゃがりこ専用箱でも作ろうかしら。

中小サークルや入場に関しては優しかったものの、聞くところ大手さんは待遇に苦労されたようです。
我々のような弱小と比べて明らかに多く売り上げを見込める大手の場合、壁だということに限定せずスペースは相応に割り当てられるべきだと、俺的には思います。
まあアチラを立てればコチラが立たず、といった様子でしょうか。逆に、コミケの場合だと中小サークルには優しくないもんなぁ。

例大祭後は複数人で秋葉の玄で呑み。
予想外の大出費でしたが、バカ話ができて楽しかったです。メシも酒も旨いから、話も進む進む。
少人数で、学生のノリで、そこそこ高いメシと酒を堪能する。そんなカンジの呑みでした。こういうの大好き。小洒落たバーで軽いツマミとウイスキーを堪能する、というのも好きですが。

秋葉から自宅まで一時間かけて歩いて帰ったのはここだけの話。あまりに楽しすぎて気分良すぎたこともあり、酔い醒ましの必要を強く感じたので。

とりあえず、
例大祭も終え充分な休息を得て、
次はRCのライブで、そして五月にM3ですか。
まだまだ色々と頑張っていきたいと思います。

|

2009年3月 7日 (土)

博麗神社例大祭6 最終告知

の前にsample音源を。

今回の雑談トラックのBGMとして収録されます。
本来、雑談トラックではCDトラック内で用いられた楽曲をループするのですが、それに若干どころか別のメロディを用いてみました。
このメロディの元は東方紅魔郷に用いられた「上海紅茶館」で、コミックマーケット74にて頒布した「上東方御飯~味噌汁付~」に収録した「Stein im Scharlach」で使用させていただきました。
sample参照http://yabusen.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/sample_9b00.html

リベンジ、というわけではないですが、かなり気に入っているメロなので「いつか別の形で使いたい」と思っていまして、それを実現させたことになります。
現状では今作の雑談トラック、もしくはこのページでしか聴けない楽曲です。
そして、sampleを聴いていただければ分かるように、フェードアウトの部分は全くの別曲になっていて、これが今作の採集トラックに収録されることになります。
絵師を担当して下さったゆっきーさんの要望に応える形で作成にとりかかった楽曲。短い部分ではありますが、わかる人はこれが何の曲を元にしたのかすぐわかると思います。

と、話が脱線しましたので告知を。

3/8(日)
博麗神社例大祭6
さ - 40aにて、そぉい(笑)の新譜を頒布

コミケに比べて敷居の高い東方オンリーイベント。
翻せば、それだけ思い入れの強い方々がいらっしゃると思います。
そのような方々に多少の満足感を我々の楽曲を聴くことで抱いて頂ければ幸いです。
また、先日書きました通り俺は一般での入場となりますので、ブースに現れるのは恐らく12:00~13:00頃だと思います。
それまでは、息子と夫に頑張ってもらうのだわ。

それでは、当日に。

|

2009年3月 4日 (水)

例大祭サンプル音源2

です。
容量の都合・sampleということで1分内の音源でのうpですが、完成版をsample用として更に編集して概要が分かるように仕組みました。是非是非CDを購入し、この音源と聴き比べて頂きたいと思う所存でございますですことですおっおっ。

紫音弐空 (夜が降りてくるアレンジ)

ということで、
つい先程、俺の担当曲を全て作り終えました。
あとは夫に提出して簡単な調整をしてもらうだけだわ。
※提出前に更に推敲しましたが。

作成速度が驚異的に上がってきている自分に驚いてます。自画自賛して良いんちゃうんか?
結局、音源はMU-500のままです。もうMUに呪われとるんちゃうか?
眠いのです。そろそろ寝てもええんちゃうか?
それ以前に色々ゴールしたい心境。もう、ええんちゃう?

「~ちゃう?」が微妙にゲシュ崩壊しそうなのでこの辺で。

日付的には一昨日になるのでしょうか。
いぬぶとの担当曲の仕上げを、えたろう宅で行いました。
既に演奏は前回終え、微調整を済ませるのみでした。相変わらずではありますが、彼の担当曲がそぉい(笑)のキラーチューン確定のようです。
俺が提示した難解なハモりの演奏を音源として改めて聴くと、やはり気分の良いものです。無茶な要求にも、犬は応えてくれる。お陰で、見事なほどにybkホイホイな曲が出来上がってくれました。洋楽の有名なメタルが好きな人にもホイホイな曲だと思います。

また、今回は(これも)手前味噌でありますが自分の曲にSEっぽいのも多少入れてます。
というのも、いぬぶとの曲にSEが入っていて、それに多少の関連性を付けられたら面白いかな?なんて思ったのが発端です。新譜のテーマには「全体的な一貫性を持たせる」という面もあるので、音源は違えどそうした演出が上手く作用することを現時点で既に祈っています。

あと、本来的に俺のスタイルではないリズムパターンを用いた曲が、今回のCDのラストを飾ることになります。慣れないリズムに合わせてベースをリアルタイムで録音しています。ちょっと骨の折れる作業で大変でした。

とまぁ、前述の通り例大祭に向けて俺の作業は曲提出を除き満了したことになります。
当日はチケの都合で一般入場することになりそうです。二人曰く「午前中は混む」とのことなので、正午を過ぎた頃にブースへ行くと思います。

さて、締めは今回も絵師を担当して下さったゆっきー氏のジャケ絵で。
Psoy
うむ、やはり素晴らしい。

|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »