« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の8件の記事

2009年6月30日 (火)

脱力した唯っぽく和ちゃんを描いてみた

Photo作成時間:5分
作成環境:月刊ガンガンの上
作成画材:鉛筆とマッキーと印刷用A4用紙
作成技量:デッサン?なにそれ
作成秘話:眼鏡わすれてたー!!

というワケで、
今更ながらけいおん!視聴中。録画したDVDを貸してくれた某友人に感謝!

あ、
昨日の大塚で催されたMAKIBA-XX #1に行ってきました。
とはいえ、早々に秋葉原PAGODAに向かう予定だったのでOPAの黄桜を見た程度ですが。

OPAの企画で済ませるには勿体無いバンドでした。各自技量の差が雲泥にもかかわらず演奏の統一感が凄い。
今のところ「けいおん!」を主題にしたギャルバンはないから、無理だろうけどアニメの旬が廃れる前に彼女たちのガチライブが見たいところ。そう思いつつ生モルツを呑みながら、視覚的にも音楽的にも堪能させてもらいました。かわいいのに性別を感じさせないダメさを演出しているあたり「らしいなぁ」と思う。

んで、アキバに移動して「viva la RIOT」を観覧。

憚りたいものの総じて「えー?」と感じざるをえない部分が多く、安定して見れたのは主催かつトリのvivaくらいですか。vivaのドラムとベースの土台の安定感、そしてベースのステージパフォーマンスの凄さは異常。
そんな彼らだが、曲紹介が一切無かったMCには残念の一言。水樹奈々の曲に精通している人にだけ喜べる内容で、知らない人にとっては「演奏力はある曲として面白いけど、一見さんお断りなスタンスのバンドさんなんだなぁ」という印象があったのではないだろうか。対バンを含め二度目の観覧だが、少なくとも俺にはその印象をまたしても受けてしまった。

Magical sand-yは最後の2曲しか聴けなかったけど、三段キーボが圧巻な反面、ギターとベースが動いていなかった。動くだけのスペースが無かったのか、動いて弾くだけの余裕が無かったのか、どちらにせよ視覚的に熱冷の差が顕著で残念。

カオスなセトリだったハナマルライダーズは、個々は悪くないのだがどうにも噛みあってない印象が強い。あとMC中なのにギターがボリューム落とさず調律してるって、どんだけ非常識なんだよと。それぞれの個性が足を引っ張っているというのが演奏面以外でも見受けられてしまった様子。

ゆとば~は残念以前の問題だった。
女性が安心して唄える音域の更に上を行っている「メルト」をセトリに入れた気概は認めるが、力を使い果たしたのか以降ボーカルがgdる。
後述する「God Knows...」を演奏する際にギターの技量不足が露呈。それに釣られてドラムのリズムバランスが極端に崩れる。東方、ハルヒ、ボカロというニコ厨ホイホイなセトリを構成させるなら、特に地盤は安定させておきたいところ。なのに、弾けない曲を選んでどうするよ、と。
以降に期待。

以上、「viva la RIOT」の批評にもならない批評。
以下、簡単な「God Knows...」考。

未だにセトリに入れるバンドが多数の「God Knows...」。
有名な上に、速弾き厨ホイホイなイントロや楽曲構成なので、セトリに入れたい気持ちは納得できる。とはいえ、多用されるが故に故に食傷感が強い。MCで曲名を聞いたり、曲紹介をしなくともイントロが流れるだけで「あ ぁ ま た か 」と思われても仕方ない曲だが、だからこそこの曲でバンドのカラーや技量が見て取れる。
主立った点としては
1)コード展開
2)アレンジ
のたった2つ。

1)に関しては、しっかり音が取れているか、という判断基準としてGod Knows...が使えるということ。何たって食傷になるくらい周知の曲なんだから、専門的な教育を受けて耳を鍛えているわけでもないごくごく普通の人でも、原曲と照らし合わせての違和感は過敏に抱ける筈。
アニソンには公式な譜面がほとんど存在しないため、必然的に誰かが「耳コピ」をする必要がある。ネット上のコード譜を使うのも手だが、往々にして間違っている部分がある。一度「セッション用に」とネットで落としたらしきコード譜を貰ったことがあったが、どう贔屓目に見ても明らかに破綻している箇所多数なので書き直して送り返した、ということが何度もある。辛うじて叩き台には使えるものの、最終的には自分の耳に頼らなければならない。公式な譜面でないのだから疑って見るのは当たり前だし、破綻している箇所を演奏してみた時点で「おかしい」と気付かない程度の耳なら、演奏力以前の問題としてライブで楽器を演奏する意味と資格は無いと断言しておく。
ゆとば~のGod Knows...で唯一と言っていい評価点は「Aメロの7小節目のD#m-5 G#M」を再現していたところにある。ひどいバンドだと、ここを7小節目と同じくEMのベタ弾きをしていて、似た展開のあるサビ部分や大サビ部分も同じくスルーしたコードを弾いてしまう。
そういうのを聴かされてしまうと、どんなにイントロの速弾きができていて個々の技量が高かったとしても肩透かしを感じてしまう。
作曲をやっている手前、こういうコード展開に関しては過敏に感じてしまうのが性なのだが、当該部分に限らずGod Knows...の演奏を聴くと、そのバンドの全体的な技量が見えてしまう。ってか、dimを理解していないバンドを見ると腹が立ってしまうのは俺だけなのか?

2)に関しては楽曲の可能性を提示する対象としてのアレンジャーの技量を見るために使える。コード展開という要素を除くなら、ガシガシのシンセの曲をツインギターのみで表現してみるとかはその典型。
楽曲のジャンル・方向性を改変してしまえば、余程破綻したコード展開を提示しない限り、ズルをしたとしても「アレンジの範疇ですww」という言い訳ができてしまう。ぶっちゃけ、1)の逃げ道としても使えてしまうのが「アレンジ」という手法だが、アレンジャーの手腕によってコード展開を劇的に改善することも出来るので、中々あなどれない。特にGod Knows...は食傷になるほど原曲が周知なこともあり、普通の曲に比べて聴者にとってその変化は察知しやすいものになる。
実はこれは俺が加入する前のRCに言える。まぁ「God Knows...をバラード調にアレンジしたよ!」という既成事実だけで、内容は然程褒められたものじゃなかったけど。

ものすごく適当に勢いだけで書いたけど、
1)は原曲の再現度の評価対象として、
2)はアレンジャーの評価対象として、
そういう評価をする際にGod Knows...が使える。というか、そういう方向性を見せるという動機以外でGod Knows...をセトリに入れるべきではないとすら思う。
製品版とライブ版で演奏可能・不可能な点が異なるのは仕方ない。そうした許容点を大きく逸脱して改悪してしまう演奏というのが蔓延してしまうのは残念だし、聴きたくない。

つまり、セトリにGod Knows...を入れるなら
・原曲のコード展開を完全に把握した上で
・抜本的なアレンジを加えた
ものが聴きたいです、ということです。普通のGod Knows...には興味がありません。
とはいえ、RCでセトリに入れる予定は全くありません。練習中の余興でやるかもしれんけど。

ちなみに、これはGod Knows...に限らず食傷になっている曲なら何にでも応用可。代表的な曲で「you」とか。そして、今後はおそらく「Don’t say“lazy”」もその中に入るかも。マクロスFも一時期食傷気味だったしなぁ。

|

2009年6月26日 (金)

突貫の企画バンドだった筈が…

9月末にライブをやることになりましたゲシュタルト倒壊。
場所は横浜。遠い。
でも、連休中なんで気は楽。

( ´д`)/~~~

バンドのHP作ろうか悩み中。なんだかんだで続きそうな予感がするし。
ただ、オイラにゃそういう知識がないし、それ以前にまず自分のHPを作りたい。なんだかんだで権利を渡した曲が結構な量になったっぽいけど、それでも公開可能な曲がそこそこ増えてきたし。

( ´д`)/~~~~~

とはいえ、
夏コミが近付いてきたのでそちらの作業も進めないといけない。
重い腰を上げてさっきまで作曲中でした。早々に寝ようと思ったら「ちゃんと妥協せず作りなさい!」と神様からお叱りを受けたので。
コレ電波っぽい発言だけど、いるよ音楽の神様。っつーか、しょっちゅう天啓は受けてるし。
現実的かつ真面目に考えると「今まで蓄積させてきたボキャブラリーを感覚的なレベルで混ぜてアウトプット出来る状態にするモードになる」というのを神という単語や要素で誤魔化してるだけなんだけど、そっちの方がロマンがあって面白いじゃないかって話。
…神を自在に憑衣させたり神と同等の力を有するには、まだ遠いけど。

( ´д`)/~~~~~~~~

神といえば、
携帯アプリで魔界塔士SaGaをプレイしました。
エスパー三人+モンスター一匹の組み合わせは異常に強い。ってか、大陸世界でエスパーの能力をカンストさせて無双しまくってました。
それでもエンカウント朱雀や神は強かったんですが、GB版と同じくチェーンソーが有効でした。さすがに神相手にはチェーンソー封印で戦いましたが、昔感じたほど絶望的な戦いとはなりませんでした。ちょっと強いよね、レベル。

( ´д`)/~~~~~~~~~~~

まぁゲームは大概にして、
作曲やライブ準備に熱を入れるとしましょうか。
DS持ってないからドラクエはスルー確定だしorz

|

2009年6月17日 (水)

I'll face 冗談でギター始めて1ヶ月は経った現実

全く上手くならねぇorz
いや、練習する時間が無いという言い訳をしたいのだが、
それを含めてもこの上達のしなさっぷりは異常wwwwwwww

世のギタリストは凄いんだなぁと改めて思わされます。
俺の鍵盤が凄いとか言ってる人、俺の腕は冗談のようなものです。
つくづくプレイヤーに向いてないんだなぁ俺…

閑話( ´д`)/~~休題

少しずつではありますが、減煙を開始しています。
とはいえ、本数を減らすのではなく、マイセン8mm→マイセン6mm→マイセン3mmといった具合に重さを落としているだけなのですが。
まぁ、元々煙草を吸うという行為にさして情念や執着などは無いのですが、かといって止めるまでの必要性は感じておらず、惰性で吸っているという状態です。よほどショッキングな事態が無い限り恒久的な禁煙をすることは無いでしょうが、少なくとも自分自身の健康が起因することはないだろうなぁと思ってます。
別に止めることは可能ではありますが(強調ww)、もっとすんなり止めれるよう準備しとこうかなと思うようになった次第です。
とはいえ、ここらへんかなり適当かつ気まぐれなので、一転して金ピあたりをまた吸い始める可能性もあるわけで…

…うん、曲作ろう。さっさとスランプ脱しないと。

|

2009年6月14日 (日)

愚痴です。

寿司食いたい
寿司食いたい
寿司食いたい
寿司食いたい
寿司食いたい
寿司食いたい
寿司食いたい
寿司食いたい
寿司食いたい
寿司食いたい
寿司食いたい
寿司食いたい
寿司食いたい
寿司食いたい
寿司食いたい
寿司食いたい
寿司食いたい

具体的には高くなくていいからサーモンの寿司が食べたいんです。
届け!熱きこの思い!!


…よくよく考えてみれば愚痴じゃなくて単なる願望・欲望の類みたいです。

寝よう。
起きたらスランプ脱してますよーに←コレは一応愚痴か

|

2009年6月 9日 (火)

真偽を確かめに

HUBのジャケットポテトが11日で終了するという噂を聞いたので、今から馬場HUBに行く準備をば。
その後はりょうちゃんと一風堂に行く予定があるので、HUBではジャケポを肴に酒を呑むといった風情になるのでしょうか。
元々季節のメニューらしかったので、ジャケポがなくなる可能性は結構高い。旨いのに勿体無い…と言いたいですが、値段の割に手間がかかりそうなメニューなので仕方ないかな、と。

しかし、酒にラーメンに…メタボコースまっしぐらだなぁ…
体重も65kgになったし…うっうー…

|

2009年6月 8日 (月)

風邪引くあたり馬鹿ではないのだろう…多分恐らく。

あばばばばばばばば
…と、馬鹿らしさを演出しておかねば…

ということで、
金曜日に体調を崩し、
土曜からずっとベッドの上でした。
ので、コミケ当確のお報せも咳しながら貰いました。熱出るわ頭痛が痛い(笑)わ神経痛ヒドいわ横隔膜の反応が過敏になるわ、まさに惨状でした。あふぅ。

そんな体調の悪い状態だったので、そぉい(笑)の貴重な作業日をキャンセルさせてしまう羽目に。
いや、ぶっちゃけ作業自体は可能なのだが、感染させちゃうとヤバいしイヤだし。見ず知らずの人にさえ感染させたくないのに、友達には尚更。

とはいえ、今は啖が喉に絡む以外結構良好。
葛根湯大先生にはお世話になりました。
ありがとう。ありがとう葛根湯大先生。

皆さんも、季節の変わり目に体調を崩さないようお気をつけて下さい。
ホント季節の変わり目に弱いなぁ俺…

|

2009年6月 6日 (土)

コミケ当確だそうです

と、えたろうから連絡がありました。
今度は防暑対策をちゃんとしていかなきゃなぁ。

いや、会場で汗をかきまくって帰りに江戸遊に行くというのも良い手なのだが。

最近PSP版アイマス(パーフェクトサン)をプレイしています。
真が色々とドストライクすぎてたまらん。まっこまこにされまくる日々です。
あと気を抜くと高槻やよいの例の口癖をリアルで言ってしまうというのは相当重症だと思う。父性をくすぐりすぎだろう…

|

2009年6月 1日 (月)

致命的

・睡眠欲が多い
・体力が無い

ので、友達と長時間いると、例えどんなに居心地が良くても疲れが先に出てしまい「あぁ、もしかしてツマんなそうにしてるって思われる顔してるかも…」と思ってしまいます。いや、それは相手の誤解ではなく、そう思わせる仕草をしてしまう自分が悪いのですが。
仕事関係であれば神経を集中させているので見せないようにしているのですが、気ぃ抜いて良い状況(それこそ友人といる時)だと…

そんなワケで。
ここ数日ですっげー疲れてます。
アイス分とザッハトルテ分とシュークリーム分が致命的に足りないのです。
あと欲を言うなら魚成分が足りない。もう平皿いっぱいに盛られた刺身を欲望の赴くまま食べたいのです。あ、白米も一緒に。

周囲の友人達は毎日のように呑みに行っていて「疲れないかなぁ」と思う一方で、やはり「羨ましいなぁ」とも思ってしまいます。楽しい空間に浸っていることと、そのテンションを維持できる体力があることに。


寝よう。
事務は明日に済ませよう。と思ってたら明後日に引き延ばしてズルズル続くんです。わかります。

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »