« 吐き出そう、この想いを。 | トップページ | また告知か。 »

2009年11月 7日 (土)

二郎復帰

しますた。あ、ラーメン屋の方ね。
といっても、ジロリアン曰く「アレはラーメンじゃなく二郎という食い物」らしい。

ES時代に馬場の二郎に行き撃沈。色々と無理ゲでした。
一生食わないと決めた想いを裏切り、ちょっと前に馬場に行って二郎のトラウマを克服。
んで、満を持して先日ジロリアンの中でも評価の高い神保町へ。夕方の開店直後くらいですが、既に列がハンパなく出来ていて、並んだ時間は1:15。連れと話をしていたので体感的にはそこまで長くなかったんですが、連れ曰く「大抵この時間はこれくらい並ぶ」とのこと。多分、飲食店関係でこんなに長く並んだの初めてだわ。

店内は狭いながらも、なんか落ち着く雰囲気でした。ちょいと粗野なカンジがいい。
で、「麺少な目」とコールしたにも拘わらず、出てきた量は馬場の普通と同程度以上。
いや、前評判通り野菜も豚も麺もスープも旨いんスけど、麺の量で撃沈。
店主と思わしき方に残すことを謝罪すると快い返事を返してくれた。ついでに麺の量を少なくオーダーする際のコールを教えて頂いた。麺半分、覚えた覚えた。

神保町は確かに旨かったです。
それだけに残すことが口惜しい。次は麺を半分で野菜増しで食べよう。

…しかし、小でさえギブな量なのに、それ以上を頼んで食えてしまう人の胃袋はどうなっているのだろうか…

|

« 吐き出そう、この想いを。 | トップページ | また告知か。 »

生活」カテゴリの記事