Eisern Seele

2011年5月13日 (金)

超級終わったとか、GWとか、ヘルプでライブ出たとか、

【第三次超級音劇大戦終了】
4月24日(日)開催イベントのOAにEisern Seele(スパロボインストバンド)のKbとして参加してきました。久々の面子との演奏に、心躍ってハチャメチャやってまいりました。
このイベント、軟鉄兄弟やMIQさんも出演され、非常に豪華でございました。いやもうMIQさんに至っては伝説の曲が聴けたというね・・・
とっても楽しく、素晴らしいイベントでした。参加者各位はもとより、特に主催のJUNさんに感謝いたします。
あ、私のページで一番アクセス数の多いページの下部に案内を載せていたんですが、あれ効果のほどはどうだったんだろう・・・

【GW】
スパロボやったり、遊びに行ったり、とってもリア充してました。
後半、ちょいと不穏当な予感があり、それは下述します。

【Liveのヘルプ】
ほぼ面子がゲシュタルト倒壊のバンドDay Dreamさんから、事情によりメンバーに一時欠員が出るためヘルプとして参加してほしい、との要請があり受諾(しかしLive当日は仕事)。
突貫で挑んだから、という理由では到底納得できない演奏しかできず、非常に申し訳ない気分でいっぱいですが、こういう要請のされ方をするのはかなり久々。かつ、ほぼゲシュの面子で懐かしいばかりか、ESのシン+RCのいぬぶと(仮名:中原ハーマイオニー)という「実現しねーよ(笑)」と身内で言っていたタッグを見れたことは相当レアなのです。
うーん、自分自身には納得いかなかったけど、状況としては面白かったかな、という感じです。
これ5/7に行われたボカロライブなんですが、1バンド目がよかったかなぁ。

そんな近況

| | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

Eisern Seele一夜限り復活しますよー

というワケで、以下告知。

-------------------------------------------------------------

ロボットソングオンリーライヴ
『第3次超級音劇大戦』

<日時>2011年4月24日(日) 
    開場16:15 開演17:00(予定)
<場所>両国SUNRISE  http://www.livehousesunrize.jp/pc/cm.html
<料金>予約\2,500 当日¥2,700
<出演>JUN、Noble Rose、The GOLD Bonds、軟鉄兄弟(湯毛・やまだん)
<ゲスト>MIQ
<司会>高嶋ふみ、貝原怜奈(スーパーロボット大戦OGシャイン王女役)
<オープニングアクト>Eisern Seele(スパロボインストバンド)
<主催・企画>斉藤淳一
<制作・進行>project i'nos

<チケット予約>2月頃より開始、追ってアナウンスします。
<入場に関して>当日会場にお越し頂いた順となります。

概要

ロボットソングのみの熱いライヴも今回で3回目を迎えました。
過去、古今東西様々なロボットソングを演奏してきましたが、
今年は某ロボットシミュレーションゲームが第一作目から数えて20周年を迎え、
また、このライヴ開催直前に待望の新作が発売されるなど、期待が高まります。
今回はゲームのオリジナルソングや、OP・EDテーマはもちろん、
登場するロボットアニメの主題歌やBGMなど、ゲームの世界を全て網羅!
また、オリジナルシンガーのMIQさんをゲストに迎え、
更に熱いライヴをお届けします。

-------------------------------------------------------------

さて、ということでOPAとしてEisern Seeleが一夜限り復活します。
イベントとしてはこれ、かなり豪華なんじゃないか・・・という中で、一体何をやるのか。まぁ基本的に懐かしいものを演奏したいと思います。

メインに負けない濃密な前菜となるよう、メンバー一同奮迅いたします。
よろしくお願い申し上げます。

|

2009年5月12日 (火)

最近のこと2~オフ会とM3~

【5/4 スパロボバンオフ】

かなり久しぶりのイベントでしたが、新規参戦者が相当な実力者揃いで演奏的な意味で楽しい時間を過ごしました。

「ダークプリズン」はエントリーしていなかったのですが急遽ストリングスで入ることに。新規のキーボさんがプログラムを組める人で、綿密なオケ調のイントロを始めたかと思えばAメロに入る前のF-Gの流れでチャーチコーラスまで入れるという豪華っぷり。
とりあえず原曲に入っていたサブメロを弾きつつサポートに回っていたら、2周目が終わった時点でEisernSeele版ダークプリズンの構成で演奏を続けるエントリー者達。

ええ、すぐに音色をピアノに変えましたよ。

曲リーダーのドラムさん曰く「演奏者にはybkの音源を渡した」とのこと。光栄ではあるのですが、オフはオフであってライブではないので、ES色は極力出すまいと思っていたこともあり、嬉しくもあり恥ずかしくもあり。

「Black Stranger」は最も原曲に近い再現が出来たのではないのだろうか。
ゲシュライブ明けの如月シン、fetish☆lineのBaかつ絶体絶命のGtであるレイ兄貴という豪華なGt陣を揃えたお陰で、何の憂いもなくリードを演奏できました。音作りをしてきてホンッッッットに良かった。

大好きなオリジナル成分は少なかったものの、総じて演奏力が高く耳的にも良いイベントでした。また、本当の意味でガチクラシック出身のキーボーディストが参戦されたこともあり、音作りも演奏も中途半端な俺はもう用済みかな、という思いもあります。つまり、今後は運営のことを考えるのではなく自分の楽しみだけ考えていればいい、と。

打ち上げ自体は不参加でしたが、突如行われた2次会もといスタジオセッションには遅れつつも参加。バンオフ参加者の3/4が参加するという面白い事態に…

あぁ…インスト成分が足りなくなってきた…バンド作ろうかしら…

【5/5 M3@そぉい】

3人とも集合場所に遅刻。このgdgd感はそぉい(笑)だけ!
ということで、M3に参加してきました。

ホントに隣がIRON ATTACK!さんだよ…
うわ、ダンボ数箱持って来てる…
あれ?ポスター貼って…
なんてこったい!入場開始から瞬く間に人だかりが出来てるし…

ヒント:そぉい(笑)は零細ww

とはいえ、完売とはいきませんでしたが売り上げは上々でした。
っつーか…人の熱気と湿度が凄ぇ…疲れが先に出るよ…
あと友人知人に色々挨拶したり。なんだかんだ1年経つと横の繋がりも出来るモンなんだなぁ…

イベント終了後は有志を募り呑み会へ。
俺はつくづく気持ち悪さの足らないオタクだなぁと実感しました。
で、次回は夏コミに出展予定ですが、まだ当確は来ていないらしいので当面は待ちです。
当確の際は是非そぉい(笑)をよろしくお願いします。

|

2009年2月 8日 (日)

占い

ラッキーアイテムとか、ラッキーカラーとか、何かおかしくね?
と言いながら、つい数日前に泊まった友人宅で民放の朝のニュースを見ながら「占いの類の信憑性」について軽く議論したのを思いだしました。
一般に流布している血液型による性格判定みたいなの、アレ全く信じられない。
ちょっとズボラな面を見せたら「君、B型?」とかいうの差別だと思う。まぁ俺の場合A型呼ばわりされることの方が多いんだけど。

ちょこっと調べてみたら、そういう占い系のサイトって沢山あるんだねぇ。
某巨大SNSの日記で友人が取り上げているのを見てやってみることもあるけど、大概は「ははっワロス」で終わる。
まぁ本気にしてる人はそんないないと思うけど。

とはいえ、友人度だとかそういうのを計る内容には結構気にせざるを得ない。
どんなに仲が良いと思っている友人も、懐疑的に見てしまえば「外面だけで本心はどう思ってるかわかりゃしない」わけで。
そういう意味で、信憑性は全く無いものの客観的に他者との関係について評しする文言には「真に受けたら敗けだ!」と半ば言い聞かせるようにしながらも反応してしまうワケです。

閑話( ´д`)/~~休題

割とバイトを頑張っているため、今日のForceのライブには行けず。
横浜だし。無理ぽ。
で、久しぶりにシンが友人を連れて遊びに来ました。
なんかスパロボの濃い目の話をしたのも久しぶりな気がする。

携帯機曲オンリーのイベントかぁ。
個人的にはホイホイ過ぎるのですが、いかんせん需要が少ないだろうなぁ。
実現したとしても、据え置き機で登場したAとRとコンパクトシリーズはどちらにカテゴライズされるのだろうと気にしてみる。

Dのジョシュアの通常戦闘曲と、対ペルフェクティオの曲が演りたくて堪らない。

あー。
これでしばらくのiPod再生リストは決定だわ。

|

2008年7月26日 (土)

どーでもいいSRWに対するツッコミ

考えてみりゃーさぁ、
「Wild Flug」って俺の周囲では「ワイルドフラッグ」って言ってるけど、
独語読みしたら「ヴィルトフルーク」になるんだよねぇ。

ツインバードストライクの際の掛け声が「Eins」「Twei」「Drei」なんだしさ。
機体名も独語読みしてんだからさ。
それを曲名だけ英語読みってどーなのよ?と思うんだけどさ。

とか言い始めたら、
「ビルトの武器名は英語じゃねーかww」
とか、
「阿呆!敵機体の武器名は独語読みしてんじゃねーかよwwww」
とか、
「そもそも曲名を独語読みするんならWilder Flugじゃねーの?」
とか、
「それを言っちゃうとアルトだってAltes Eisenにならねぇ?」
とか、
「おいおい、ならお前のバンド名だってEiserne Seeleが正しくね?」
とか。とかとか。

…なんか発音のハナシから格変化のハナシに移行してしまいましたが、
暑くて寝れずアタマがフットーしちゃってるようです。そもそも格変化とかもう忘れたしww

半ば天災的な意味で自宅の部屋は寝るのが精一杯な現状ですが、
色々と忙しくなりそうな8月に向けてどーにかしないと、です。

中旬にコミケ。下旬にライブ、です。
楽しいですが、も少し平和に生きたい、です。

…それより、早く自宅でPCを使えるように戻ってほしい、です。。。

|

2008年6月13日 (金)

たまにはEisern SeeleのKeyとして。

無限のフロンティアが発売されましたね。
でもまぁwwwwwwwww
俺wwwwwwwwwww買ってませんwwwwwww
DS持ってねぇしwwwwwwwwwwwwwwwwwww
あべしフヒィwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


ナムカプから森羅とかKOS-MOSあたりが参戦してますね。クロスオーバーしまくりだなー最近の奴らは。
個人的には沙夜なんか好きですねぇ。逢魔繚乱が名曲&やぶせんホイホイだってのもありますけど、まぁお姉さまだしねぇ。


で、まぁ曲を色々聴きましたが、やはり設定がスパロボの亜流ということもあって、曲も亜流であったなぁというところでしょうか。Time to comeや鋼鉄の孤狼なんかイントロが相当良いですね。揺れる心の錬金術師はドラミングが抜本的に変わってるし、Dark Knightも良いカンジでアレンジされてます。曲はスパロボなんだけど、亜流作品ということで恐らくは意図的に雰囲気を若干変えて仕上げているところは流石だと思います。


無限のフロンティアにおけるオリジナル曲で好きなのは「ORCHESTRE ARMY」ですね。Aメロ前半の主旋律がピアノの単音であるのに対し、Aメロ後半で音色を変えて盛り上げ、Bメロでハーフテンポになったリズムに乗せる旋律の音はヴァイオリン。そしてサビはピアノ→ストリングスの順番で主旋律が奏でられる。コード展開は存分なるやぶせんホイホイだし。


ということでEisern Seeleの次のライブは決まっていませんが、僕としては無限のフロンティアのアレンジや新曲を前面に出して編曲作業を行っていこうと思います。まぁバンドの連中と打ち合わせてるワケじゃないですけどwwww


でもなー、
ESやRCのライブの前になー、
まずはペルソナ4ですよねーwwww
メガネ-wwwwwメメメガネーwwwwwwwwwwwwwww


ソフトの発売日は7/10(木)。
サントラの発売日は7/23(水)。
可能なら7月中旬あたりにはP4の曲を取り込んで単車で流して走りたいと思います。


あぁ、
そういやコミケ当選したそうです。
そぉい(笑)も既に夏に向けて色々と打ち合わせをしております。今度は統一感のある内容になると個人的には嬉しいです。それよりジャケで俺が悲惨なメに遭う可能性があるらしく、現在ヤフオクで下準備をしている最中でもあります。
色々な意味で乞う御期待。


なんだかんだでESの話から脱線したなぁwwww
さて、音源系統でも調べるとするか。


※秋葉原無差別殺傷事件の被害者方にお悔み申し上げます。退院したら献花に伺いたいと思います。

|

2008年3月 4日 (火)

新しい旅立ち・・・

まぁ大学卒業したっつーことです。
ヘラヘラしていながらも5年生が確定した一昨年の夏にはすっげー凹んでたんですが、これで学生生活は一段落したというところでしょうか。

とはいえ、大学近辺からは引っ越さないんすけどねww昼飯は学食だwwww

ということで、ライブ告知です。

『超級音劇大戦
  ~スパロボソングオンリーライヴ~』
http://force-of-music.com//20080322/index.html

日時:2008/3/22(土曜日)
   OPEN 17:00 START 17:30

場所:両国フォーバレー

出演:Force-フォース-(アニソンコンセプシャルバンド)
   http://force-of-music.com/index.html

   Eisern Seele(スパロボ中心インストゥルメンタルバンド)
   http://eisernseele.jeez.jp/es/

   The GOLD Bonds(JAM Projectコピーバンド)
   http://thegoldbonds.xxxxxxxx.jp/

料金:予約\1,000(+Drink)
   当日\1,200(+Drink)

ESの方のライブっすね。
スパロボオンリーイベントということで参加させてもらうのですが、なんと特別ゲストが来るとか来ないとか。スパロボファンは必見ですなww

で、こないだRCの選曲会議が行われたそうなんですが、
どうやら俺様の死亡は確定みたいです。りょうちゃんの無茶振りここに極まれり。

|

2008年1月 4日 (金)

久しぶりの更新

ですねwwもう何ヶ月放置してんだというカンジですが。

あれから色々ありました。大きな出来事を以下に。



1)Rumbling Childrenに参加

アニソンレイプバンド。
http://whss.biz/~moon-lagrange/RC/top.html
鍵盤色を強めるためなのかどうなのかは知らないが、RCのメンバーでもあるESのバンマスが俺を引き入れる。
同時にベースが脱退したためESのベースが加入。なんとESのメンバー5人中3人がRCのメンバーというアホな事態に。
ちなみにRCはドラム、ギター×2、ベース、鍵盤、ボーカルの計6名。
ESとは別ベクトルで技量の高い連中が揃っているので退屈しないスタジオ練習。


2)RCライブ@両国FourValley

RCの変態たる理由は演奏的なもの以上に衣裳的なところにある。
アニソンバンドと謳ってるからには俺も相応の格好をしなければならないということで、用意されたモノは「メイド服」。
「俺はこんなことをするために東京に来たんじゃないッッ!!」という叫びも空しく、「似合いすぎててツマンナイ」という声が続出。まぁGt1の女装の方がもっとサマになっているから、隠れ蓑になってたりはする。
あとベースはくにおくんの「みすず」、Gt1は巫女、Gt2は全身ピンクタイツ(カービィ)、ドラムはダースベイダーの面にガチャピンの服、Voはセーラー服。すっげーカオス。

らき☆すたや話題のひぐらしを中心としたセトリをこなしたあと、待っていたのはお触り地獄。悪魔の触手がメイド(笑)のケツを触る触る。精神的外傷を負った俺はフロアの椅子に座って煙草を吸う。勿論、メイド服のままで。どうやら巫女も似たようなメに遭ったらしく、二人でやさぐれる。
音楽的には楽しかったものの、人として何か大切なモノを喪った気がしなくもない。


3)12月ライブその1

上旬にESのライブ@神田宮路楽器2F ZIPPAL HALL
第2回はデジピとシンセの二段で演奏。慣れていないのでトチったトコ多し。また、デジピのhighを無駄に上げすぎて耳障りな音作りになってしまったことは後悔の極み。
大胆にアレンジした名曲「MARIONETTE MESSIAH」は方々から絶賛された模様。
演奏している方も楽しかったので、次回のライブでも是非演りたいです。
尚、このライブは普通に私服で出ました。

てかRCも私服でよくね?
ダメっすかwwサーセンwwwwwwww


4)12月ライブその2

クリスマス前にRCのライブ@下北沢CAVE BE
ESのこともあってこの頃はスタジオ地獄でした。軽く死ねる。
勿論、今回も女装。衣裳はチア。なんか太もものあたりがスースーするおorz
「似合いすぎててつま(ry」→「俺はこんなことをするために(ry」はもうデフォ。

他のメンバーの衣裳は以下の通り。
・Vo サンタ
・Ba 富竹
・Gt1 チャイナ
・Gt2 糸色望のコス(=浴衣)

「衣裳自体が普通でツマンナイ」という評価を貰ったDrは抜本的な衣裳改革を実行。なんとゴスロリ(赤)。ちゃんとVoに化粧して貰った状態で出演。
「スカートの方がドラム叩きやすくね?」という性的根幹を覆す発言をMCでしてしまう。おーい戻ってこーいww
衣裳的にもMC的にも音楽的にもネタ満載でお送りしました。
あとMCのメンバー紹介で「清しこの夜」を短調バージョンで弾いたんだぜ俺ww
…そして演奏後は恒例のお触りタイム。剃ったスネやケツを誰しもが触る触る。もう勘弁してくれマジで。相変わらずGt1と一緒にやさぐれて煙草を吸ってました。


5)コミケ初参戦

というか、夏に発売できなかったゲームの作曲の仕事ですが。
RCのライブが終わってから作曲地獄。突貫で作成した割に良曲が出来たと思います。
とりあえず、作成した楽曲は1週でフェードアウトする仕様にしているので、HPやM3なんかで完成版の楽曲を公開したいです。
一応、国際展示場に行きました。かなりの人出にビックリしました。男のピザがメイド服を着ていても咎められない空間なんてそう無いぜ。
ブースにも行きましたが、売り上げについては関知してません。あと、デバッグ関係でプロデューサー=RCバンマスが神経と睡眠時間を磨り減らしていたのだが、あまり手伝えなくてゴメン。また、某有名ライターさんがシナリオやキャラデザを担当し、かつ某有名ド変態キーボーディスト(神)が作成した楽曲がCDに収録されてたりもするんだぜ。
スケジュール的な要因などで、多分プロデューサー的には不本意な出来に終わったと思う。やりたいことを全部やれなかったのは悔しいだろうなぁ…


とまぁ、
こんなカンジの2007年下半期でした。
で、2008年の予定や願望は以下の通り。


1)2008/3/22(Sat) ESライブ

スーパーロボット大戦オンリーライブ「超級音劇大戦」@両国FourValley
に出演予定。


2)多分春ごろ RCライブ

なんか「頃合オリジナル作ろうぜー」というテンション。
次回の衣裳は何になるのでしょうか。俺やGt1は戦々恐々としています。


3)ペルソナバンドでも作るか

RCのGt1が相当なペルソナ厨だということが先日判明。
とりあえずパオフゥは俺らの兄貴ということで同盟を結びました。
目黒将司や桜庭統といったコンポーザーの楽曲が俺らは大好物です。
今んとこGt2の目処は立ってるから、あとはBaとDrかなぁ。
どうなることやら。


4)M3に出展すっか?

RCのBa(=ESのBa)と画策中。
家も新宿・池袋と近いので、結構詰めれるんじゃないかと思います。
また、この企画にRCのGt1も巻き込もうかと考えています。
恐らく、ドラムはMIDIで打ち込んで他は生録という形になる筈。
高クオリティの作品が出来る予感がしますが、これもどうなることやら。





ま、そんなトコです。
駆け足になりましたが、今度はいつ更新するんだろうなぁ…

|

2007年7月21日 (土)

ライブなど終了

ライブイベント『Anisolstice』は好評のうちに終了しました。
お客さんも中々盛り上がってくれて、演奏者として感無量でした。

地元や東京でもヘルプなどでライブに参加したこともあるのですが、今回のように自分が所属するバンドで出演するのは初めてということもあり非常に緊張しました。演奏中でさえ「あぁ、間違えてしまったなー」と思う箇所があり、後日改めて音源を聴いてみても不完全どころか稚拙な箇所がバンド総体として見受けられはしたのですが、
僕らのバンドの演奏が終了した後に多数のお客さんからお褒めの言葉を頂いたのは(実はちょっと納得のいかない部分はあるのですが)嬉しかったりして。

さて、僕が所属しているバンドであるEisern Seeleですが、他の対バンはアニソンを中心としたセットリストだったにも拘らず、スーパーロボット大戦というゲームの戦闘曲をインストで演奏するという、イベント総体から少し浮いた位置にいるバンドです。ゲームミュージックかつインストという「これでお客さんが盛り上がってくれるのか」という疑問すら抱きながらステージに上りましたが、意外にもお客さんは体でリズムを取ってくれたり、アレンジや演奏に籠めた「熱」を感じ取ってくれたり、それに同調し演奏中に自分が次第にトランスしていくのが分かりました。バンドとしてのコンセプトは、以降これでも充分成立するということが確信出来ました。

演奏後に頂いた評価の中で最も嬉しかったのは「ピアノすごいですね」と言われたところですか。ピアノの技能自体は小学生の時で止まっているので少し納得がいかない箇所もあるのですが、シンセの音色を弄って楽曲にアクセントを加えるという本来あるべきキーボーディストとしての役割を放棄してピアノ・ストリングス・チェンバロ・オルガン・シンセリードという少ない音色で技能をフルに使う鍵盤師として評価されたのは、僕の異質なプレイスタイルを肯定されたということ。少なくともESにおける僕個人のコンセプトはコレでいこうと決意を新たにしました。

また、ビジュアル面でも高評価を頂きました。とりあえず中二病丸出しのV系の格好をしておけばネタとして面白いかな、と思いきや、普通に格好良いと言われてしまう。
嬉しかったり、嬉しくなかったり、この点に関しては微妙です。
…やっぱネタ的には女装しかないのかなぁ…

今回のESは4バンドあるうち2番目の出演でしたが、4バンド目のRumbling Childrenの演奏後に行われたアンコールにも鍵盤として参加しました。某ロボットゲーム好きには堪らない曲なのですが、Voが叫ぶ時に合わせてお客さんが飛ぶわ叫ぶわの大盛り上がり。実はこの演奏が僕にとって一番ミスのないものだったということもあり、最後はとてもテンションが高い状態で終われました。

ライブが終わってもお客さんは帰る様子もなく、僕を含めた出演者と話をしていました。
どちらも昂揚した状態だったので、かなりノリだけで話していましたww

細かい数は把握していませんが、動員数は100人近くだったそうです。
箱の大きさから考えると大成功だったと思います。
個人的にも「またライブを演りたいな」と思わせるイベントでした。

で、
昨日ようやく大学の前期テストが終了しました。
あとは仕事を済ませたら自由を手にすることができます。

8月は何をしようかなー♪

|

2007年7月 4日 (水)

多忙

忙しすぎて全く更新できない状態です。まぁ現状あんま人が見てないからいいか。

【ライブ告知】
Anisolstice
2007/07/14(SAT)
秋葉原 LIVE SPOT PAGODA
OPEN 17:40 START 18:00
前売\1,000- 当日\1,200- Drink\500-
http://freett.com/highfamila/AS/main.html

EisernSeeleの鍵盤として出ます。東京で初めて真面目に取り組むライブです。現在はそのアレンジや練習で忙殺されていますorz

さて、次はいつの更新になることやら…mixiは結構更新してんすけどね。寝る前とか。

|

より以前の記事一覧